相続税 控除

  • 相続税の控除と節税対策

    相続税にはさまざまな税額控除制度があります。主なものとしては次の通りです。 1.2.3.4.5.6.7. 税額控除を利用する際、複数の控除が当てはまる場合は上記1から順に控除していきます。 ■1.相続開始前3年以内の贈与財産に贈与税が課される場合、贈与税と相続税の二重課税を防ぐため、その者の相続税額から贈与税額(...

  • 相続税申告が必要な人とは|算出方法や申告の流れ・期限

    相続税とは、相続等の人の死亡を原因として財産(遺産)を取得した個人に課される国税です。 相続税には基礎控除額が定められており、財産総額がこの基礎控除額を超えた場合に納付義務が生じます。つまり、相続税は相続した者全員が納付しなければならない税金というわけではなく、基礎控除額を超えた一部の者のみが納める税金です。実際...

  • 節税対策としての事業承継

    経営者の存命中に事業承継を行った場合は贈与税が、経営者の相続をきっかけに事業承継を行う場合は相続税が問題となります。 事業承継を円滑に進めるための制度として「事業承継税制」というものがあり、事業承継円滑化法(「中小企業における経営の承継の円滑化に関する法律」)に基づく認定のもと、会社の後継者が取得した一定の資産に...

  • 任意売却と競売の違い|それぞれのメリットやデメリット

    ・債権者との交渉次第で、引っ越し費用の一部などを売却代金の中から控除してもらえる 任意売却にはこのようなメリットがあるため、一般的には競売手続きに至る前に任意売却を行う方がよいでしょう。 もっとも、任意売却にもデメリットがあり、利用する際は以下の点に注意しましょう。・金融機関などの債権者や連帯保証人などの同意が必...

  • 相続税を現金で払えない場合の対処法

    相続税の納付は原則として現金一括で行わなければなりません。そのため、相続開始前の段階で相続税の申告・納付が必要と分かっている場合は、あらかじめ納税用の資金を確保しておきましょう(納税資金対策)。対策の具体例としては、不動産などを売却して現金にしておく、生命保険金で納税資金を準備しておくなどがあります。 しかし、相...

  • 不動産の共有名義のメリット・デメリット

    ・住宅ローン控除が増える不動産を共有名義にすることにより、住宅ローン控除が2重に受けられることとなります。すなわち、住宅ローン控除として購入価格の一定割合を所得税から税額控除できるという制度が存在しますが、夫婦間などで不動産を共有名義にすることにより、それぞれの所得税においてローン控除が有効となり、減税されること...

  • 不動産相続手続きの流れ

    相続放棄の手続きには3か月以内、相続税の申告は10か月以内といった期限が存在しますが、相続登記については期限が定められていません。相続登記の手続きの流れを以下にご紹介します。 〇相続不動産の把握相続する不動産の中で、行政上の罰則がないため、土地の相続登記を行わないケースも存在しますが、土地の相続登記を行わない場合...

  • 遺産分割協議書の必要性と作成方法

    さらに、遺産分割協議書は相続税の申告や、財産の名義変更手続きに際して必要となります。そのため、遺産分割協議に際して遺産分割協議書を作成しておくことが必要となるのです。 ■遺産分割協議書の書き方遺産分割協議書については、指定された様式は存在しないため、パソコンでも手書きでも作成をすることができます。そして、遺産分割...

  • 相続手続きの流れと期限

    相続税の申告 〇その他・健康保険証の返却・遺言書の調査、検認・被相続人の財産調査・遺産分割協議、協議書の作成・不動産の相続人への名義変更 相続手続きには様々なものがあり、のちのトラブルを防ぐにはそれらを確実にこなすことが必要です。 相続手続きについて少しでも不安がおありの方は、お気軽に弁護士法人しんらい法律事務...

よく検索されるキーワードKeyword

資格者紹介Staff

私は弁護士になって47年目になりましたが、常に「明るい暖かみのある事務所」をモットーとしてきました。また、依頼者に対しては誠意とあらゆる努力をもって接し、税理士事務所、司法書士事務所、弁理士(特許)事務所、不動産鑑定事務所等と連携して事件の解決に あたっています。事件終了後も依頼者がよく立ち寄ってくれる事務所です。

所属団体

  • 第一東京弁護士会

得意分野

離婚・相続等の家事事件、不動産関係事件

経歴

昭和33年中央大学法学部卒業

第17期司法修習生を経て昭和40年弁護士登録

平成3年第一東京弁護士会副会長、日本弁護士連合会常務理事

平成6年東京都小金井市固定資産評価審理委員会委員長

平成12年東京調停協会連合会会長、日本調停協会連合会副理事長

平成16年旭日小綬賞 受賞

山田 滋
代表弁護士山田 滋やまだ しげる

民間人の視点と共に、13年間の裁判所勤務の経験を活かして、法律問題に取り組んでいきたいと思います。趣味は、登山、スキー、ピアノ、バイオリンです。バイオリンはオーケストラに所属してひいています。お困りのことがありましたら是非山田公之にご相談下さい。

所属団体

  • 第一東京弁護士会

得意分野

離婚・相続等の家事事件、不動産関係事件、交通事故事件

経歴

成2年早稲田大学法学部卒業

裁判所の事務官又は書記官として、最高裁判所、地方裁判所、家庭裁判所、簡易裁判所に13年間勤務、在職中に司法試験合格

第58期司法修習生を経て平成17年弁護士登録

第一東京弁護士会弁護士業務改革委員会第4部会所属

2019年度第一東京弁護士会常議員

2020年民事信託士登録

山田 公之
代表弁護士山田 公之やまだ きみゆき

法的な問題を抱える依頼者の方々に寄り添い、親身になってトラブル解決を図ることができる弁護士を目指しております。趣味はバスケットボール、ダーツ、スポーツ観戦です。

所属団体

  • 第一東京弁護士会

得意分野

労働事件、家事事件、不動産関係事件

経歴

平成23年3月 中央大学法学部卒業

平成27年3月 明治大学法科大学院修了

平成27年9月 新司法試験合格

平成28年12月 最高裁判所司法研修所修了(新69期)

平成28年12月 弁護士登録、第一東京弁護士会総合法律研究所宇宙法研究会所属、明治大学法科大学院教育補助講師

鎌田 悠希
弁護士鎌田 悠希かまだ ゆうき

事務所概要Office Overview

名称 弁護士法人しんらい法律事務所
所在地 〒107-0052 東京都港区赤坂2丁目2番21号 永田町法曹ビル501号
TEL/FAX TEL:03-3586-4051 / FAX:03-3586-4091
代表弁護士 山田滋(やまだ しげる)山田公之(やまだ きみゆき)
対応時間 平日 9:30~18:00 (時間外についても対応できる場合があります。ご相談ください。)
定休日 土曜・日曜・祝日 (土日祝日についても対応できる場合があります。ご相談ください。)
アクセス

東京メトロ銀座線、南北線「溜池山王駅」8番出口 徒歩30秒

「永田町法曹ビル」という大きな看板が目印のビルとなります。

事務所外観
事務所外観
飛沫対策としてアクリル版を設置しています